PROFILE

作家写真
KYOCO MORI ペインター&コラージュアーティスト

広島県尾道市出身。神奈川県茅ヶ崎市在住のペインター&コラージュアーティスト。2015年から独学で絵を描き始める。「未完成の美」をコンセプトに、女性の葛藤や混沌といったネガティブな感情をポジティブなエネルギーに変えるべく、敢えて面白おかしく滑稽に描くアクリル絵画が特徴的。またコラージュでは、主に和紙を使ったポートレートコラージュを製作。和紙の他に、雑誌の切り取り・千代紙・マスキングテープ・絵の具などをミックスし、人や物をポップでキッチュな作風で表現している。製作する上での大きなテーマは「女性」。結婚・出産・離婚を経験した3児のシングルマザーでもあり、女性としての自身の心の内を素直に絵やコラージュに投影している。近年はインスタグラムを通じてイタリアのソレントのアートフェスティバルに招待され展示参加。アメリカのアート系ウェブマガジンにインタビューが掲載された他、ポートレートコラージュ作品がイギリスのアート雑誌の裏表紙に採用されるなど、海外での活動も増えてきている。